<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 27日

「Great Impulse」プレゼンテーション その6

「Great Impulse」プレゼンテーション その1
「Great Impulse」プレゼンテーション その2
「Great Impulse」プレゼンテーション その3
「Great Impulse」プレゼンテーション その4
「Great Impulse」プレゼンテーション その5


話が長くなってしまいましたが、ある意味、ここからが本題です(笑

歩くことの意味

について触れておきたいと思います。

結論から言えば、

そんなものねーよ!


で終わってしまいます(笑

c0194523_10462813.jpg

c0194523_1103954.jpg

c0194523_111570.jpg

c0194523_1112468.jpg

c0194523_111431.jpg

c0194523_112357.jpg

c0194523_1122445.jpg


単純に楽しいから。
単純に気持ちいいから。
雷鳥に会いたいから。
自然に咲く花が好きだから。
あの景色を見てみたいから。

それだけで十分です。

ただ一つだけ言っておくとしたら、

ハイカーたれ!

ということです。

c0194523_1047593.jpg

広い意味で、ハイキングも含めた、登山、クライミングというものに出会ってしまうと、とかくこのグラフの青い部を目指しがちです。
山岳部出身の僕にとっても、この青いエリアは憧れであり、43歳になってしまった今でも経験してみたい部分であることは否定しません。
しかし、これらの流れは、もうずーーーーっと前から存在していたいわゆる山岳界の考え方です。
僕を含め多くのULハイカーが感じたあの「初期衝動」は、これでは無かったはずです。
もちろん、よりラディカルなクライミングを目指すことは素晴らしいことだと思います。しかし、それと並行で良いので、ハイカー、それもULハイカーであると胸を張って言えるようにこのスタイルを続けて欲しいなと思っています。

c0194523_1153613.jpg

こんな場所に、こんなシェルターやタープ張って寝て本当に大丈夫なの?と最初はみんな不安から入っていたと思います。

c0194523_116238.jpg

でも、そんな不安は一瞬で吹き飛ぶような景色が目の前に飛び込んできます。

c0194523_1110262.jpg

それでも、まだハイキングを経験していない人は不安に思うかもしれません。
そんな方は、ぜひ山小屋泊で歩いてください。ハイカーの中には山小屋の使用に否定的な人もいますが、僕はこの日本独自の山小屋文化は素晴らしいものだと思っています。
荷物もぐっと減ってこれくらいでどこでも行けてしまいます。

c0194523_11122810.jpg

それでもまだ駄目だって言う人いますかね?(笑
虫とか動物とか無理だよって言う人かな?
そういう人は、まず、手ぬぐいと1000円札をポケットに突っ込んで歩いて銭湯に行ってみてください。携帯も財布もカードや免許証も家に置いて持っていかずに。
おそらくなんとも言えない解放感と自由を感じられるはずです。
おそらくは、その気持ちの延長線上にハイキングがあると僕は信じています。

最後に一つの言葉を紹介したいと思います。

只管打坐(しかんたざ)
余念を交えず、ただひたすら座禅すること。
曹洞宗の開祖、道元の言葉です。
道元は、座禅の先に悟りなどは存在しないと説いています。座ることそのものが仏の道であると。

僕は、この言葉はハイキングに通ずるものがあると思います。

言ってみれば、

只管打歩

です。

正直な話、ハイキングをしたところで、仕事が上手くいくわけもなく、人間関係が改善されるわけでもなく、悩みは消えないし、収入が増える(むしろ支出が増えますw)わけでもありません。
でも、人間的に根源的なアクティビティである歩くという行為によって、さらに都市で生活するよりは、はるかに宇宙(決してウィルダネスではないけれど)を感じられる山や森に身を置くことによって、

いま・ここ・じぶん

それを感じられることは確かです。永遠と続くトレイルをただひたすら歩く。ただそれだけです。

c0194523_11241738.jpg
c0194523_11243189.jpg


おわり
[PR]

by cossycossy | 2015-07-27 11:24 | Gコ山
2015年 07月 27日

「Great Impulse」プレゼンテーション その5

「Great Impulse」プレゼンテーション その1
「Great Impulse」プレゼンテーション その2
「Great Impulse」プレゼンテーション その3
「Great Impulse」プレゼンテーション その4


このような話を続けていると、「なんだかGコ山スタイル、MELLOWハイキングって言うのは、決まりがどうだの、整理整頓を心がけろだの決まりばっかりでメンドクサイな。」と思われてしまうかもしれません。

しかしそれは全く逆です!

このような決まり事を僕は、

ハイキング所作

と呼んでいます。
このハイキング所作を徹底することによって、先にもお話ししましたが、想定されるトラブルが事前に排除できます。
それによって、よりMELLOWに歩くことと寝ることを楽しむことが出来るのです…と僕は考えています。

さらに、楽しみはそれだけではありません。このようなスタイルによってキャンプ場でも時間と心の余裕が生まれます。

c0194523_10143837.jpg

c0194523_10145444.jpg

ここでまた建築の話に戻ります(笑

こちらは、鴨長明が晩年を過ごした方丈庵です。
「ゆく川の流れはたえずして、、、なんたらかんたら」のあれです。
日本三大古典随筆の一つに数えられる、方丈記の後半は、この1辺1丈(約3m)の簡素な小屋で執筆されました。あまり知られていないかもしれませんが、だからこそ「方丈記」なのです。

注目すべきは間取り図です。これほど小さく簡素な、言ってみれば究極のミニマリズム住宅にも関わらず、鴨長明は、その貴重な3分の1のスペースを「芸術(趣味)」の間として取り、琵琶と琴をたしなんでいました。

削れば削るほど生まれる時間と心の余白。それこそが最も贅沢な人生の一瞬ではないでしょうか?

c0194523_10244217.jpg

僕の場合はこれです(笑
夏場だと食事を終えてもまだ明るいです。
そんな明るい時間からバーボンをちびちびと舐めながら好きな小説を読む。僕は、普段はハードボイルド小説を好んで読んでいますが、こんな特別な時間には、宮沢賢治の短編集などがお勧めです。
銀河鉄道の夜を読みながら、少し酔いも回ってきて、あたりはだんだんと暗くなってくる。ヘッドライトをともして読み終えた時に夜空を見上げるとそこには満天の星空が広がっている。なんという贅沢な時間ではないでしょうか?


少しロマンチック過ぎたでしょうか(笑

人によっては、写真を撮っても良いし、スケッチをしてもいい、軽く仮眠をとって、真夜中に近くの小ピーク踏みに行くでもいいでしょう。ちょっと道具を忍ばせて編み物をするなんて言うのも良いかもしれません。
こういったことは、MELLOWハイキングだからこそゆとりを持って楽しめる行為だと僕は考えています。

つづく
[PR]

by cossycossy | 2015-07-27 10:28 | Gコ山
2015年 07月 27日

「Great Impulse」プレゼンテーション その4

「Great Impulse」プレゼンテーション その1
「Great Impulse」プレゼンテーション その2
「Great Impulse」プレゼンテーション その3

それでは、実際にハイキングに出かけてみましょう!と言いたいところですが、持病の腰痛や天候の悪さなどが重なってしまい、ハイキングに行けませんでした。ごめんなさい。
一瞬晴れた午前中を狙って近所の公園で撮影をしてきました。

c0194523_8573654.jpg

c0194523_8595298.jpg

c0194523_901465.jpg


先ほどご紹介したギアを全てパッキングした状態です。
僕の身長は171cmです。かなりコンパクトな印象かと思います。

服装は、いつもこのような感じです。パタゴニアなどの高機能な素材を使ったウェアを着用してはいますが、ぱっと見は、本当に普段着そのままのような感じです。

シューズは、雪のある時期を除いてほとんどローカットのトレイルランニングシューズです。

c0194523_934778.jpg

先ほどご紹介したコッシルシェルターで。僕は手が凄く小さいので、実物はこの写真以上に小さく感じられると思います。

c0194523_9183019.jpg

その日一晩を過ごすテント場についてまず初めにすることがシェルターの設営です。
それでは実際に設営しています。
まずは奥の角2か所を強めに張った状態でペグダウンします。

c0194523_925311.jpg

次にポールを立ててその先の張縄をペグダウンします。これだけで三角形のテンションが構成され自立します。ここまでやってしまえばあとはゆっくりと他の箇所を固定していくだけです。

c0194523_9263056.jpg

手前の角2か所をべぐダウンします。

c0194523_9265745.jpg

あとは自在を調整するだけです。

c0194523_9274046.jpg

c0194523_9275987.jpg

c0194523_9281757.jpg

当然、ペグダウンしやすい地面かどうかなど条件によって変わっては来ますが、慣れてしまえば(と言ってもそれほど時間を要することなく)誰でも3分以内で設営が可能です。
また、このコッシルシェルターに関してはそれ以上に僕なりのこだわりが詰まっているのですが、それはまた別の機会に説明できればなと思います。

c0194523_940944.jpg

シェルターの設営を終えたら、寝床を準備し、荷物を整理します。
Gコ山的ユニバーサルスペースの完成です(笑

c0194523_9412998.jpg

テント場で使用するギアは、基本的にはこれですべてです。それ以外の荷物はザックに詰めて足元に置いておきます。

c0194523_9451444.jpg

あとはゆっくり食事を楽しみます。

つづく

[PR]

by cossycossy | 2015-07-27 09:45 | Gコ山
2015年 07月 27日

「Great Impulse」プレゼンテーション その3

「Great Impulse」プレゼンテーション その1
「Great Impulse」プレゼンテーション その2

自作のススメ

自作のサコッシュが出てきたところで自作(MYOG)の話を少ししたいと思います。
c0194523_810954.jpg


既にマニュファクチャラーとしてのGコ山の商品と自作(MYOG)ギアの間には大きな差があります。簡単に言ってしまえば、「責任」と「プライド」の有無であるかと思います。
とはいえ、そこに明確な境界線があるのかと問われれば、その返答に困ってしまうのも事実です。
RAY-WAYが未だ自作キットの販売しか行っていないことからも、ULハイキング=自作ギアと言っても過言ではない根源的なカルチャーの流れがあるのも事実です。

そのような意味からも、僕個人としてはもちろん、Gコ山としても自作(MYOG)を推奨していきたいなと思っていますし、今後、その手助けのようなこともできればいいかなと思っています。

問題は、その内容です。はじめは誰でも模倣からはいると思います。僕自身もそうでしたし、個人で使用することを前提とすれば、全く問題はないと思います。
しかし、せっかく自作で世界に一つのギアを製作するのですから、ぜひ、模倣の向こう側を目指してもらいたいなと思います。
やはり、「売ってない物」を自分自身で作り上げることこそ自作(MYOG)の醍醐味かとおもいます。

c0194523_8285371.jpg

c0194523_829165.jpg

c0194523_8293277.jpg

こちらは、自作ギアの「ダイベンダーZ」です(笑
キジ打ち(用足しの事を指す山岳隠語)の際に必要なものをコンパクトにまとめ、しゃがんだ状態で首にかけても地面につかないような長さのストラップにしています。

c0194523_8335747.jpg

c0194523_8341640.jpg

c0194523_8343667.jpg

c0194523_8345781.jpg

こちらの4枚の写真は、僕の友人であり、尊敬するMYOGerの作品です。
お腹や首が人より冷えやすいという自分の身体的特徴や、子供と一緒に寝たいという願望をかなうために、まさに「売ってないから作った」すばらしい作品だと思います。

つづく
[PR]

by cossycossy | 2015-07-27 08:38 | Gコ山
2015年 07月 26日

「Great Impulse」プレゼンテーション その2

「Great Impulse」プレゼンテーション その1

それでは、実際に、Gコ山スタイル「MELLOW HIKING」とはどういうスタイルなのか?
実際の道具を見ながら説明したいと思います。

その前に、まずどのようなフィールドでの使用、ハイキングを想定しているか、環境設定を明確にしておきたいと思います。

c0194523_21465530.jpg

横軸をトレイルからオフトレイル。左端は、例えば「山と高原地図」に載っているような実践ルート、中心が破線ルートで右端が藪漕ぎからロープを必要とするようなルートです。
縦軸は積雪量です。一番下が夏の低山で一番上が厳冬期の森林限界を超えるような場所です。
ご覧のように、Gコ山ギアは、基本的にはこのグラフの左下、雪の無い一般ルート的なトレイルや自然歩道を歩くことを前提としています。

c0194523_21521244.jpg

こちらのグラフは季節と標高の関係です。前のグラフと考え方は同じです。真夏は3000m級の山も行けますが、冬場はせいぜい1500m(東京近郊基準)程度の山での使用を想定しています。

MELLOW ≠ 適当、いいかげん

「MELLOW」という言葉の響きから、また、このような環境設定から、MELLOWハイキングというのは、適当にぷらっと山に行って歩く行為と思われてしまいそうですが、決してそうではありませんん。

歩くこと、寝ること

この二つより(MELLOWに)楽しむためが故に、この環境設定も含め全体をかなりシステマチックに準備し想定されるトラブルを予め排除することを心がけています。

c0194523_2225761.jpg

こちらがシューズや行動着など身につけるもの以外の全装備になります。
ケーススタディとして現在7月の奥多摩から奥秩父などの2000m級の山域、あるいは尾瀬地域などの1泊ハイキングを想定しています。
Gコ山のバックパックであるPOP HIKERシリーズでは、2泊から3泊程度のハイキングでの使用を前提とした「Middle Distance」をフラッグシップモデルとして推していますが、今回は1泊であること、また、「Less is more」の観点から完全一室構造である「One Night Distance」を使用して説明をしていきたいと思います。

c0194523_22758100.jpg

c0194523_2281685.jpg

c0194523_2284379.jpg

1室構造というと、あたかも頭陀袋に適当に放り込むかのように誤解されてしまいますが、実際はイラストや写真のように、スリーピングマットを筒状に挿入し、インナーパックを用いることで、3層のスペースが出来上がります。インナーパックの中に収納するのが基本ですが、濡れても良い物や防水性の高いサブバックに入れた小物、水筒などはインナーパックとスリーピングマットの間、あるいはインナーパックの上部に、また汚れやすいグランドシートや、傘、雨具などはスリーピングマットの外側に収納します。このように、考え方と工夫によってあたかも多室構造のバックパックのようにパッキングが可能になります。

c0194523_22163192.jpg

こちらは防風防寒着です。
c0194523_2217488.jpg

シュラフ、シュラフカバー、エアピローを一番下に収納したら、その後にガサゴソバックにまとめ収納します。
ガサゴソバックは、もっとも汎用性の高いいわゆるレジ袋をキューベンファイバーで模倣したGコ山最大のヒット商品です(笑

c0194523_22191119.jpg

こちらはシェルター関連です。左からグランドシートとして使用するタイベックシート、コッシルシェルター、ポール、ペグです。全て合わせて300g程度です。
このポールは、アライテントのツエルト用ポール(2本セット)をバラしカットして4本繋ぎの90cmに改造した物です。4本繋ぎにすることでバックパックに横向きで収納することが可能になります。

c0194523_22223175.jpg

雨具です。傘は積極的に使うようにしています。またレインウェアは、最もシビアに考えなければいけないギアですが、7月の2000m級の山域であることを前提とすれば経験上このようなケープでも十分対応可能であると考えます。何より、このシンプルさと軽さは魅力的です。

c0194523_222517100.jpg

水筒とギアホイホイ二つです。
シェルター系装備、シュラフ系装備、ウェア以外のほとんどはこのギアホイホイにまとめて収納しています。

c0194523_22264879.jpg

青い方のギアホイホイには、クッカーから食器、カトラリー、手袋など、また「こぶくろさんS」に収納したこまごまとしたものが全て入っています。

c0194523_2239435.jpg

c0194523_22393655.jpg

こぶくろさんSには、写真のようにファーストエイドキットや常備薬、ヘッドライトや予備のライター、電池などをまとめています。

c0194523_2241825.jpg

c0194523_2241426.jpg

こちらは食器としても使用するスクリュージップロックです。クッカーからエスビットストーブまで全てスタッキングしています。

c0194523_22445739.jpg

c0194523_22452093.jpg

写真は、永平寺などの禅寺で修行僧が使う「応量器」と呼ばれる食器です。ギアの製作やスタッキングを考えるとき、日本で古くから使われている道具にインスピレーションを受けることが多いです。

c0194523_22473953.jpg

こちらはサコッシュです。写真のようなものをまとめて収納します。サブバックとして肩掛けできるサコッシュですが、僕の場合、肩から掛けるのは電車などの移動中のみでハイク中はバックパックの中に収納してしまいます。


つづく

[PR]

by cossycossy | 2015-07-26 22:49 | Gコ山
2015年 07月 26日

「Great Impulse」プレゼンテーション その1

c0194523_16292834.jpg

c0194523_16294743.jpg

c0194523_16323677.jpg


突然ですが、ミース・ファン・デル・ローエです。
ル・コルビュジェ、フランク・ロイド・ライトと並び近代建築の三大巨匠と呼ばれる一人です。

Less is more. 「より少ないことは、より豊かなこと」
God is in details. 「神は細部に宿る」


彼の有名な言葉として、「Less Is More」というものがあります。僕としてはあまり気にいっていないのですが、「より少ないことは、より豊かなこと」という訳が一般的に浸透しています。僕のブログのタイトルもここから拝借しています。僕の物づくりの基本的な考え方であり、極端に言えば、生き方の指針のようなものでもあります。
この言葉は、建築に限らずあらゆるデザインに影響を与えています。アウトドア関係では、トレイルランナーのアントン・クルピチカをアドバイザーに開発を進めたニューバランスのミニマスシリーズも、この「Less Is More」を開発コンセプトのキーワードとしてあげていますし、ホグロフスのLIMシリーズも実は「Less Is More」の頭文字からとっている名前です。
そして、ミースの言葉としてもう一つ重要なのが、「God is in details.」というものです。「神は細部に宿る。」シンプルであればあるほどディテールにこだわらなければならないという戒めのような言葉だと思います。

ミースは、この二つの言葉を実践し、
ユニバーサルスペース
という方法論を確立しました。
「柱と梁によるラーメン構造の均質な構造体がその内部にあらゆる機能を許容する」
という建築デザイン理論です。

c0194523_16462818.jpg

c0194523_1653476.jpg

c0194523_16533977.jpg


こちらがミースの代表作である「ファンズワース邸」です。
見事なまでにユニバーサルスペースを表現しています。

この建築のデザインそのものの話はとりあえず置いといて、みなさん、この家に自分が住むとしたらどのようなライフスタイルを想像するでしょうか?
おそらく、掃除、整理整頓はこまめに、家具や食器、料理道具、小物なども、ダサくてチープなものはおかずに、シンプルで美しいものを厳選し置くようになると思います。

つまり、ミースは、建築という空間をデザインすることで、そこに住む人のライフスタイルまでデザインしていると言うこともできるのではないでしょうか?

空間から状況へ

これこそが僕がGコ山で目指しているものです。

ギアから状況へ

ギアデザイン→Gコ山スタイル

僕はギアデザインを通じて、行ってみれば「Gコ山スタイル」とも言うべきハイキングスタイルを提案し、それを実践、もしくは一部でも取り入れてくれるようなハイカーを増やしたいと思っています。

LIGHT・SIMPLE・POP

Gコ山スタイルとは、この3つの言葉をキーワードに、

MELLOW HIKING

を提案するものです。
そして、その考え方、スタイルから生まれたのが、こちらのGコ山のギア達です。

c0194523_177591.jpg


つづく
[PR]

by cossycossy | 2015-07-26 17:10 | Gコ山