<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

奥多摩24hours

c0194523_17344113.jpg


鷹ノ巣山周辺にて夜を明かし、雲取山のピークをゲットしてから日原側に下山する計画で奥多摩駅へ。到着後、猛烈な便意をもよおし、トイレへ。スッキリすると鴨沢方面へのバスは出発した後。あたふたしていると、日原鍾乳洞へのバスが丁度出るところ。急遽逆周りのコースに変更しバスに飛び乗った。
c0194523_173848100.jpg
日原林道入口
c0194523_17391431.jpg
岩壁のかなり高い所。スズメバチの巣だろうか?
c0194523_17395112.jpg
唐松谷にかかるつり橋。このときは流れは透明であった。
c0194523_17402570.jpg
1時間ほど歩くと、バケツをひっくり返したような豪雨。雷もなり始めた。地響きのようなものを身体に感じる。かなり近い。それでも、傘を差して30分ほど待機したが雨が弱まる気配が無いので撤退を決断。つり橋に戻ってくると先ほどの透明な流れがご覧のコーヒー牛乳色。流れも不自然に弱々しく怖くなって走って逃亡。
c0194523_17425616.jpg
日原まで戻ってくると青空。山の天気は本当に分らん。
c0194523_17433930.jpg
日原より稲村岩を望む。なんとも幻想的な風景。
c0194523_1744995.jpg
「蚊」ではない「何か」に刺されまくり。東日原からバスで奥多摩へ。
c0194523_17445455.jpg
氷川にてタープ泊。
c0194523_17453034.jpg
翌朝、電車で古里駅に移動。御岳山を目指す。登山口近くの丹三郎屋敷。かなり立派なお屋敷。お蕎麦屋さんになっているらしい。今度行ってみたい。
c0194523_17463984.jpg
御岳山は数え切れないほど登っているが古里からのコースは初めて。なかなか良いトレイルであった。トレランの練習にもいいかもしれない。
c0194523_17473817.jpg
大塚山山頂。山頂の標識にゴシック体は合わないと思うのだけれど・・・。
c0194523_17482232.jpg
神代ケヤキ
c0194523_17483933.jpg
御岳山
c0194523_174910100.jpg
お犬様
c0194523_17492657.jpg
お犬様パート2
c0194523_17495022.jpg
日の出山
c0194523_1750414.jpg
日の出山より都心部を望む。
c0194523_17502576.jpg
日の出山からつるつる温泉へ。汗と泥を落としサッパリしてバスで五日市駅へ。トラブル続きであったが、なかなか中身の濃い奥多摩での24時間を過ご事ができた。

奥多摩24hours。次は、どのトレイルを歩こうか・・・。
[PR]

by cossycossy | 2011-06-30 17:52 | ハイキング
2011年 06月 23日

高尾山・陣馬山・浅間峠スロー!ハイク

c0194523_046952.jpg


DAY1
高尾山口(08:45)-高尾山(09:35)-小仏城山(10:15)-景信山(11:00)-陣馬山(12:30)[昼食]-連行山(15:20)-生藤山(15:52)-熊倉山(16:22)-浅間峠(17:05)【泊】

DAY2
浅間峠(04:30)-上川乗バス停(05:10)-桧原村役場(07:20)


高尾山から奥多摩へ抜けるコース設定。1日目は、深夜に三頭山避難小屋まで行き、避難小屋で仮眠、先客がいれば外のベンチで眠らせてもらう予定であったが、両足の小指に大きなマメが出来てしまいモチベーションが激下がり。まだ明るいうちに到着した浅間峠の東屋で食事、仮眠を取らせてもらい朝一で下山した。
2日目は、調子がよければハセツネコースをたどって日の出山まで行き、青梅線の適当な駅に降りようなどと妄想していた。ほんと、自分の実力を把握していない。一から出直し。

c0194523_0463971.jpg
トレイルで猫ちゃんと遭遇。高尾山ならでは?

c0194523_0472013.jpg
稲荷山コースからの景色

c0194523_0474630.jpg
今日も富士山は写らず

c0194523_0481542.jpg
パインアメ好き。作っているのは、パイン株式会社。ホントの話し。

c0194523_0485773.jpg
今日も絶好調。おなじみ十代君。

c0194523_0493145.jpg
うまし!おすすめ。

c0194523_0495464.jpg
パックはブラックダイヤモンドのRPM。見た目はコンパクトに納まっているが、これが結構重く、今回もライトウェイとどまり。

UL的格言「重さとデカさは比例しない!」   身をもって実感。
 
今回、山と道のULパッド(75g)を初使用。RPMの背面にガイラインを使用し靴紐結びでくくりつけた。山と道のULパッドは強度面に問題があるのでは?と一部でいわれているが、今回使用した限りでは問題なかった。とは言え、強度があるという意味ではない。今回のようなパッキングは、トラブルを招くかもしれない。ケースなどに入れるのは簡単だが、せっかくの75g。この長所を消さないパッキング方法を考えてみたい。ちなみに機能面は問題なし。マット自体が放熱しているのでは?と思うくらい暖かい。冬に抱き枕にしたいと思わせるほどであった。
[PR]

by cossycossy | 2011-06-23 00:52 | ハイキング
2011年 06月 12日

高尾山・小仏城山

2011年6月12日(日)
高尾山・小仏城山

梅雨時の合間を雨上がりを狙って高尾山日帰りゆるハイク。

ツイッターで情報収集し一番オススメの6号路を歩いて高尾山へ。本来は、景信山まで行って美女谷温泉に入るつもりであったが、なんとなくゆるさを追求したくなり城山から相模湖へ下山。弁天橋近くで生活している世捨て人のおっちゃん二人組み発見。楽しそうだった。真似は出来ないが。

今回一番の収穫は、馬喰横山から07:38発の高尾山口行きの特急に乗れることを知った事。千葉からだとこれがとても楽チンであっという間に高尾山まで連れて行ってくれる。

コースタイム
千葉(07:01)=馬喰町・馬喰横山(07:38)=高尾山口(08:51)

高尾山口(09:15)-<6号線>ー高尾山(10:50)[休]-城山(12:10)[休]-相模湖畔ガスト(14:45)

相模湖駅(16:21)=東京(17:44)

c0194523_2245099.jpg
6号路を使って高尾山山頂へ。トレイルは、確かに一番トレイルらしくてよろしい。が、こちらからワンウェイのコースだと、天狗焼きが買えない、食えないという欠点がある。

c0194523_2261281.jpg
高尾山山頂より。富士山がかすかに見えたが写真には写らず。

c0194523_2264755.jpg
ソフトクリーム300円

c0194523_227977.jpg
一丁平展望台より。大好きな丹沢方面、大山、二ノ塔、三ノ塔などが綺麗に見えた。

c0194523_2275937.jpg
小仏城山山頂の茶店にて。おでん500円、ビール400円。

c0194523_2284212.jpg
小仏城山山頂にて。今回、自作のサコッシュ(手縫い)を使用。我ながら、結構使い勝手良し。超適当に作ったが大きさが丁度よかった。

c0194523_2210128.jpg
城山より東海自然歩道を使って相模湖へ下山。湖畔のガストでビールとハンバーグ&ライス。

c0194523_2211726.jpg
山ガール!?
[PR]

by cossycossy | 2011-06-12 22:14 | ハイキング