Less Is More

jethikeup.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 29日

ポエム^^;

最近、詩っていいなーと思う。
山に登ったりすると特にその思いはさらに強くなり、創作意欲がわいてくる。
例えば、好きな人に詩を送るなんていう行為は、「究極の恥ずかしい行為」なわけだが、いざ対象が人でなくなると意外と恥ずかしさも半減してくる。まぁ、半減するとは言え恥ずかしい事に変わりはないのだけれども、「人は何かを発信すべき!」と常日頃から思っているわが身としては、恥を忍んでここに詩を記す。


ある冬の山歩きの後、同行者に気付かれないよう密かにしたため我が処女作。




「無償の愛」

戦場色の山肌に小さな白い花が咲き
錆付いた枝は朽ち果てる事も無く金色に輝く

丸い月は変わらぬ姿で幾何学的な岩を照らし
汚れた水は無邪気に踊る

無償の愛に最後の刃を向けた時
彼は微笑み死を受け入れる
[PR]

by cossycossy | 2010-01-29 03:13 | 雑記
2010年 01月 26日

一刀流肥後守ナイフ

ナイフ一本を腰にぶら下げの山に入り、木を削り寝床を作り、魚を捌いて焚き火で焼いて食らう。
男子たるもの子供の頃一度は憧れたであろう冒険。

今となっては文明的な最新ギアの恩恵に預かりながら、せいぜいハイキングを楽しむ程度しか出来ていない。とはいえ、そんな子供の頃の気持ちを忘れたくないなと今でも思っていることも事実。せめて、現地で箸やペグぐらいは木を削って作るくらいの余裕は欲しいなと思っていた。

その為に必要なナイフ。マタギが持つようなナガサに憧れるがさすがに大げさすぎる。洋物のかっこいいナイフもいいが、いかんせん懐に厳しい。などの理由から「これは!」と思うナイフが無いか常に探していたが、昨日、別件で買い物に行ったホームセンターで思わず買ってしまったのがこれ。

c0194523_17562263.jpg

「一刀流 肥後守ナイフ 安来鋼」なる一品。
刃渡り約75mm、実測41gで、お値段なんと、479円。

c0194523_17564196.jpg

本当に大丈夫か?ってほどの値段だが、ためしに鉛筆を削ってみる。意外と切れ味抜群。次に山に行くときはちょこっとザックに忍ばせてみよう。
[PR]

by cossycossy | 2010-01-26 17:58 | ギア
2010年 01月 18日

三頭山・冬の陽だまりハイク

c0194523_1115573.jpg
冬の晴れ間を狙って、奥多摩は三頭山にプチ雪山ハイク。スタートは、檜原村・都民の森。
c0194523_11152196.jpg
さらさらの雪の遊歩道を進むとすぐに三頭大滝到着。凍結してます。
c0194523_11154070.jpg
「手軽に雪にふれる」と言う意味では丁度いい感じの量の雪道でした。ストックがあればアイゼンは要らない。
c0194523_11155511.jpg
途中、立派なカツラの巨木を見上げる。
c0194523_11161427.jpg
1時間ちょっとで山頂に到着。ちょっと物足りない距離だが、冬の日曜日気軽に歩くにはいい距離。
c0194523_11162495.jpg
やっぱり、富士見登山は冬がいい。
c0194523_11164538.jpg
冬の青すぎるぐらいの青空が好き。
c0194523_11165632.jpg
急に俗っぽい食事だが、山で食べると旨みも桁違い。
c0194523_111789.jpg
三頭山避難小屋にて。こちらからも富士山が綺麗に見える。
c0194523_11172035.jpg
避難小屋のベンチにて昼寝。太陽のパワーを感じる。寒いけど温もりを感じる瞬間。
c0194523_11173983.jpg
ハセツネコースを逆に進み、槇寄山経由で数馬に下山。他のハイカーは都民の森に戻るのか分からないが、尾根上や下山路は、のぼりに比べて踏み跡が少なかった。とはいえ、ゆっくり歩けばアイゼンは要らない。アイゼンよりも滑り止め系のギアの方が使い勝手がいいかもしれない。まあ、今回はと言う意味ですが。。。
靴は、モントレイルのコンチ・ゴアバージョン。今回は、これで全く問題無しでした。

「数馬の湯」で汗を流す。今どきの日帰り温泉施設のような派手さは無いし、風呂もあまり大きくは無いが、お湯はナカナカだった。意外と好きな部類の温泉にランクアップ。

冬の低山ハイク&温泉好きだなぁ~。毎週でも飽きないかも・・・。
[PR]

by cossycossy | 2010-01-18 11:17 | ハイキング
2010年 01月 03日

丹沢・塔ノ岳 初登り

本当は、大晦日から入山して初日の出を山頂でなんて感じが正しい初登りの姿なのでしょうが、事情によりそうも行かず、1月2日に日帰りで丹沢・塔ノ岳に登って雄大な富士山に手を合わせてきました。

始発で家を出て、9時少し前に大倉を出発。
c0194523_16412941.jpg
途中、早くもご立派な富士山が顔を覗かせます。雪は残雪も含め一切無し。
c0194523_16434320.jpg
振り返れば、太平洋、相模湾を一望。カメラがへぼいのの分かりずらいですが、右から、伊豆半島、初島、大島、江ノ島、三浦半島、房総半島、横浜、東京都心とそこに存在するべきものの存在が全て目視にて確認できます。つまりは、これほどに無いほどの快晴と言う事です。
c0194523_16465619.jpg
3時間ほどで塔ノ岳頂上に到着。頂上には、ボスキャラ的な巨大雄鹿が悠然と草を食べてます。
c0194523_16482296.jpg
塔ノ岳山頂からの富士山。うーん、やっぱりここから眺める富士山はすばらしい。

c0194523_22594666.jpg
帰りは、鍋割山経由。鍋割山荘で名物の鍋焼きうどんを頂き、大倉に戻りました。
新年初登山。快晴の中ととてもすばらしい日帰りハイクとなりました。今年の山は天候に恵まれそうな予感です。
[PR]

by cossycossy | 2010-01-03 16:51 | ハイキング
2010年 01月 01日

謹賀新年

c0194523_11312532.jpg

今年は、山で30泊位はしたいなぁ。一年のうち1ヶ月分を山で暮らすと言うのはステキな事に違いない。
[PR]

by cossycossy | 2010-01-01 11:33 | 雑記